学校感染症による出席停止扱いについて

インフルエンザなどの学校感染症が流行してきておりますが、本学では、本学の学生が、学校感染症と診断された場合、本人の休養と他者への蔓延、流行を防ぐため、学校保健安全法に基づき「出席停止」とし、この間の欠席はいわゆる「公欠扱い」とすることとなりました。
医療機関を受診し、学校感染症と診断されたら、大学事務局学生係に連絡をし、医師の指示に従って自宅療養をしてください。
快復後は、再受診し、大学所定の「治癒証明書」に医師の証明をもらい、事務局学生係へ提出してください。また、教務係から「授業欠席届」を必要枚数求め、欠席した授業の先生に提出してください。