学生便覧  − 通常の手続 −

手続によっては、書類の提出時期の定まっていたり、事務局や教員に事前相談の必要があったりします。

学割

学割(学生旅客運賃割引証)は、修学上の経済的負担を軽減し、学校教育の振興に寄与することを目的として実施されている制度で、使用目的は次のように限られています。

  • 使用目的
    • 休暇又は所用による帰省
    • 実験、実習などの正課の教育活動
    • 大学が認めた特別教育活動又は体育・文化に関する正課外の活動
    • 就職又は進学のための受験等
    • 大学が必要と認めた見学又は行事への参加
    • 傷病の治療その他修学上支障となる問題の処理
    • 保護者との旅行
  • 割引率
    • 片道100qを超える旅行で、普通旅客運賃の2割引
  • 交付枚数
    • 1人につき1年10枚程度
  • 注意事項
    • 記入事項が不鮮明な場合や訂正箇所に認め印がない場合は無効となります。
    • 有効期間は、発行日から3ヶ月です。
    • 使用する際は、学生証の提示が必要です。
    • 他人への譲渡、他人名義の学割証の使用等、不正使用のないようにしてください。
    • 不正行為を行った場合は、普通旅客運賃の3倍相当の追徴金が課せられます。

健康診断書の交付

健康診断を受けた学生が健康診断書を必要とする場合は、事務局カウンターの証明書自動発行システムを利用してください。

各種申請一覧

▼掲示物の掲示
クラブ活動等の掲示物を学内に掲示したい場合は、事務局へ掲示物(5枚以内)を持参し、許可を受けてください。

  • 掲示期間は原則として2週間以内です。
  • 掲示物の規格はB2版以下です。
  • 掲示物の内容が、商業行為・政治活動・宗教活動に係るものは掲示できません。

▼通学証明書
JR通学定期券を購入する場合には、「通学証明書」が必要です。

  • 通学証明書交付願を提出して通学証明書を受け取り、この証明書に学生証を添えてJR窓口で購入してください。
  • 同一年度内であれば、次回からは、期限満了する定期券をJR窓口に提示すれば、通学証明書がなくても定期券を購入することができます。年度が変わった場合には、新たに通学証明書が必要になります。
  • バス定期券を購入する場合は、通学証明書又は、学生証を持参して定期券販売窓口で直接購入してください。

▼学生の氏名・住所・電話番号の変更
学生の氏名・住所・電話番号に変更があった場合には、速やかに「改姓・住所等変更届」を事務局へ提出してください。

▼保証人の変更
保証人(父母又はそれに代わる人)を変更する場合や、保証人の氏名、住所等に変更があった場合には、速やかに「保証人変更届」を事務局に提出してください。

▼学生証の再交付
学生証を紛失したり汚したりした場合は、「学生証再交付願」に写真(3.0cm×2.5cm、裏面に氏名・学籍番号を記入)を添えて事務局に再交付を申請してください。

保険金の請求

学生の皆さんが、次の場合に不慮の事故に遭遇されたときは、保険金の給付を受けることができます。

  • 正課中、大学行事中
  • 上記以外で大学施設内にいる間
  • 大学施設外で大学に届け出た課外活動中
  • 大学管理下での各種活動(インターンシップ、ボランティア活動、介護体験活動など)
  • 通学中
  • 大学施設等相互間の移動中
【 保険金額 】
正課中、学校行事中の場合 死亡 2,000万円
後遺障害 90〜3,000万円
医療保険 ※1 6千円〜30万円
入院加算 4,000円/日
上記以外の場合 死亡 1,000万円
後遺障害 45〜1,500万円
医療保険 ※2 1.5〜30万円
入院加算 4,000円/日
※1 治療日数4日以上が対象
※2 治療日数は通学・移動中7日以上、課外活動中14日以上が対象

履修関係

履修関係のページをご覧ください。

奨学金関係

奨学金関係のページをご覧ください。

海外留学支援関係

海外留学支援制度のページをご覧ください。

転学・転部・休学・退学等

学籍関係のページをご覧ください。