[大学院] 学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)
      / 教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

文学研究科

学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)
 定められた期間在学し、所定の単位数を修得するとともに、日本文学、英米文化、芸術学、複合文化のいずれかにおいて個別の研究指導の下に作成した修士論文・修了制作又は課題研究の審査及び最終試験に合格した者で、広い視野と深い学識を備えるとともに、自立して研究あるいは創作活動を行える能力を備え、専門的能力を要する職業等により地域社会や国際社会の発展に寄与しうる者に「修士(文学)」の学位を授与する。

教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)
文学研究科は、以下の方針に基づいて教育課程を編成し、実施する。
  1. 日本文学、英米文化、芸術学、複合文化の四専攻により、各専門分野の研究に必要な知識と能力を養うとともに、専攻を超えた広範な視野と柔軟な思考力を培う。
  2. 研究・教育上の目的に沿って設けられた各授業科目及び修士論文・修了制作又は課題研究の作成指導を通じて、広い視野に立つ深い学識と、自立して研究あるいは創作活動を行える能力ならびに高度な専門性を培い、地域社会や国際社会の発展に寄与しうる人材を育成する。
日本文学専攻
学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)
 日本語、日本文学、漢文学及び日本語教育を総合的に修得し、個別のテーマに関して深い研究を行った者で、研究者、日本語教員等として活躍できる高度で幅広い学識及び教養を身につけ、修了要件を満たした者に「修士(文学)」の学位を授与する。

教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)
 日本語、日本文学、漢文学及び日本語教育の各分野を総合的に学び、広い視野に立ちながら個別のテーマに関する高度な研究能力を獲得し、専門的立場から広く社会に貢献できる人材を育成する。
英米文化専攻
学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)
 英語学、英米文学、英米文化に関する専門的知識を修得し、教育・研究職をはじめ、高度な専門性が求められる関連分野での職業人として有すべき能力及び資質を身につけ、修了要件を満たした者に「修士(文学)」の学位を授与する。

教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)
 専攻が開講する授業科目、ならびに、修士論文あるいは課題研究を通して、英語学、英米文学、英米文化における深い学識を得るとともに、研究遂行能力及び問題解決能力を高め、もって、専門的立場から広く社会に貢献できる人材を育成する。
芸術学専攻
学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)
 専攻する領域の学問を専門的に追究し、芸術及び文化の本質を理解し、研究の成果を社会に還元する応用力を身につけ、修了要件を満たした者に「修士(文学)」の学位を授与する。

教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)
 美学、美術史(日本・西洋)、アートマネジメント、実技の四つの領域のいずれかにおいて、芸術の体系的及び歴史的理解を深め、芸術を通じての地域貢献の実践的研究や制作活動のレベルを上げることによって、地域に根ざすとともに国際的な視野をもち、芸術及び文化の本質を理解する人材を育成する。
複合文化専攻
学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)
 必修科目及び専門分野にかかわる科目による知識を修得し、さらにその関連、周辺領域の知識を身につけ、修了要件を満たした者に「修士(文学)」の学位を授与する。

教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)
 人間と自己表現、人間と営み及び人間と伝達の領域のいずれかにおける深い専門的知識を得ることで研究能力を獲得し、各自の専門領域のみならず幅広い分野から広く社会に貢献できる人材を育成する。

国際コミュニケーション研究科

学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)
 国際コミュニケーション研究科では、定められた期間在学して、所定の単位数を修得するとともに、個別研究指導の下に執筆した修士論文または課題研究の審査および最終試験に合格した者で以下の能力を身につけた学生に、「修士(国際コミュニケーション学)」の学位を授与する。
  1. 英語という言語を多面的に理解し、異文化間の高度なコミュニケーションを図るために必要とされる高い専門知識ならびに学究的な思考方法を身につけている。
  2. 国際社会における国家・企業・団体・個人などの関係を理解し、リーダーとして行動するために必要とされる学際的な専門知識ならびに学究的な思考方法を身につけている。
  3. 以上のような専門的知識に裏打ちされた問題発見・解決能力を持ち、職業人としてグローバル社会で活躍できる能力を身につけている。

教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)
 国際コミュニケーション研究科では、グローバル社会で活躍するために必要な専門知識と英語コミュニケーション能力を持ち、様々な課題に対する柔軟な思考力と深い洞察力を備えた人材を養成するため、以下の方針にしたがって教育課程を編成し、実施する。
  1. 英語という言語を多面的に理解し、異文化間の高度なコミュニケーションを図るうえで必要とされる高い専門知識ならびに学究的な思考方法を身につけるために、「英語コミュニケーション」、「英語学」、「応用言語学」の3分野の専門科目を置く。
  2. 国際社会における国家・企業・団体・個人などの関係を理解し、リーダーとして行動するうえで必要とされる学際的な専門知識ならびに学究的な思考方法を身につけるために、「国際経済」、「国際経営」、「国際政治」、「行動科学」の4分野の専門科目を置く。
  3. 専門的知識に裏打ちされた問題発見能力・解決能力ならびに学究的思考方法を身につけるために、修士論文あるいは課題研究の作成にむけて、1年次から指導教員による個別研究指導を行う。