日本文学専攻  −教育課程の特色−

日本文学専攻は、上代・中古・中世・近世・近現代の日本文学に、日本語学、漢文学及び日本語教育学を加えて、文学・語学を総合的・歴史的に学ぶと同時に個別のテーマによって研究を行い、研究者や高等学校教員・日本語教員等として活躍できるような、高度で幅広い学識・教養を身につけることを目標としています。

本専攻は、各時代・各分野を専攻する教員で組織され、次のような研究が活発に行われています。

まず、上代文学では神話・和歌に関する研究、中古文学では物語・日記・随筆の研究が行われています。中世文学では和歌の研究、近世文学では芭蕉や蕪村などの俳諧に関する研究、近現代文学では小説・評論・詩歌などについて作品・作家研究あるいは歴史的・構造的研究が行われ、さらに日本文学との関わりを視点とする漢文学の研究も行われています。

また、日本語学では理論や方言の研究、そして外国人に対する日本語教育の研究が行われています。

授業科目は、以上の諸研究を有機的に関連、発展させるかたちで「研究法」「研究」「演習」「特講」などの科目が展開されています。

修士論文は、志望する研究分野に対応できる複数の指導教員のもとで、1年次からテーマの決定・文献調査の方法などについて詳細かつ具体的な指導を受けて完成させ、研究方法・課題研究も、同様の指導体制のもとで、与えられたテーマに対する報告書を完成させていきます。

なお、院生の研究成果の発表の場として院生の紀要が公刊され、また、本学国語国文学会の研究発表大会や研究誌があり、積極的かつ有効に利用されています。