英米文化専攻  −教育課程の特色−

英米文化専攻は英米文学、英米文化、英語学の三分野から構成され、英米の文学、文化、言語を中心とする研究を通して学際的な教養を修得し、さまざまな分野で文化の発展に貢献し得る人材の育成を目標としています。

文学の授業では、英米の詩、小説、演劇、批評に関する研究、演習、および翻訳の実践を行っています。特定の国の特定の文化環境の中で生み出されてきた「文学」ということばの贈りものが、個人を越え、時代を越えて、世界の人々に送られつづけている事実を、少しでも親しく、こまやかに感受できることを目指します。

文化の授業では、文学を含みながらも、文学の領域を越えた文化のあらゆる局面を射程に入れた上で、例えば映像文化やフェミニズムなどの思想及びさまざまな理論について学ぶことなどを通じて文化的事象の理解、考察に向けての力を養います。本専攻ではこの分野の教員、授業科目をさらに充実させたいと考えています。

英語学の授業では、ことばそのものに関する研究、演習を行っています。意味と形式、語、文、談話、コミュニケーション、習得という視点から、必要があれば日本語との比較をまじえ、現代英語のしくみを解き明かします。文献の精読とデータ分析を通して、問題を深く追究していきます。

修士課程での最大の研究活動は修士論文の執筆といえます。本専攻では、学生がひとりの研究者としてそれぞれの関心事に沿った十分な研究が遂行できるよう、複数の指導教員体制をとり、手厚い論文指導を行います。

なお、院生の研究成果の発表の場として、本学英語英米文学会の大会や研究誌があり、積極的に活用されています。さらに、学外での研究発表に対しては、本学会からの支援もあり、利用が期待されています。