概要

外国語教育研究所は、群馬県における外国語教育の拠点として、外国語教育並びに外国語教育の実践に関する調査や研究を行い、群馬県立女子大学の外国語教育の充実を図るとともに、地域社会に貢献し、グローバル化社会に対応した人材の育成と国際交流の促進に寄与することを目的として、平成13年4月に設立されました。

元国連事務次長の明石康氏を初代所長に迎え、平成13年11月には「英語能力の向上に関する提言」を、平成17年9月には「新・英語能力の向上に関する提言」を策定しました。現在、同提言を実現するために、様々な研究や事業を行っています。