公的研究費の運営・管理の責任体制

 群馬県立女子大学は、文部科学省の「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン(実施基準)(平成26年2月18日改正 文部科学大臣決定)」及び「研究活動における不正行為への対応等に関するガイドライン(平成26年8月26日文部科学大臣決定)」に基づき、「群馬県立女子大学における研究活動上の不正行為の防止に関する規程(PDF197KB)」、「群馬県立女子大学における研究活動上の不正防止計画(PDF149KB)」、「研究活動上の不正行為の防止に関する基本方針(PDF61KB)」及び「群馬県立女子大学における研究活動に係る行動規範(PDF70KB)」を策定し、次のとおり公的研究費の運営・管理の責任体制を整備しました。

1 責任体制(平成28年4月1日現在)

最高管理責任者 学長 濱口 富士雄 本学における透明性の高い研究活動の実行、公的研究費の適切な運営・管理について、最終責任を負う者であり、本学の規程に定める基本方針、不正防止計画及び行動規範を策定し、本学に雇用されているすべての者及び本学の学生(研究生その他本学において修学する者を含む)に対して、当該基本方針、不正防止計画及び行動規範を周知徹底させるとともに、研究活動上の不正行為が生じた場合は、果断なリーダーシップを発揮し、必要な措置を講じます。
総括管理責任者 附属図書館長
(研究活動の不正行為の防止に関する事項)
杉本 優 最高管理責任者を補佐し、本学における研究活動上の不正行為の防止について本学全体を統括します。
事務局長
(研究費の不正使用の防止に関する事項)
飯塚 幸生
研究倫理教育責任者 兼 コンプライアンス推進責任者 文学部長 小林 徹 部局等において、実質的な権限と責任を有する者であり、研究倫理教育及びコンプラ イアンス教育推進の実質的な責任を負います。
国際コミュニケーション学部長 小林 良江
大学院文学研究科長 北野 雅弘
事務局管理部長 飯塚 裕之
外国語教育研究所副所長 戸塚 真史
前のページへ戻る