群馬県立女子大学公式ウェブサイト再構築・保守業務委託
企画提案の公募について  (※募集は終了しました)



応募いただいた企画提案を審査した結果、「株式会社 アルファー企画」を優先交渉者とすることに決定しました。(H29.9.19)



群馬県立女子大学では、「群馬県立女子大学公式ウェブサイト再構築・保守業務委託」を実施するにあたり、以下の要領で、企画提案方式により企画提案を募集します。(H29.6.30)

  • 質問と回答の要旨を掲載しました。下記「8 質疑・応答」をご覧ください(H29.7.27更新)

群馬県立女子大学公式ウェブサイト再構築・保守業務委託公募型プロポーザル実施要領

1 目的

 この要領は、群馬県立女子大学が、群馬県立女子大学公式ウェブサイト再構築・保守業務委託契約締結の相手方となる事業者を選定するにあたり、公募型プロポーザルの実施方法等、必要な事項を定める。

2 業務概要
(1) 業 務 名  群馬県立女子大学公式ウェブサイト再構築・保守業務委託
 
(2) 業務内容  別紙「群馬県立女子大学公式ウェブサイト再構築・保守業務委託仕様書」
          (以下、「仕様書」という。)のとおり
(3) 業務期間  契約締結の日から平成35年3月31日まで
3 予算額
平成30年度 金 756,000 円(消費税額及び地方消費税額を含む)
平成31年度 金 756,000 円(消費税額及び地方消費税額を含む)
平成32年度 金 756,000 円(消費税額及び地方消費税額を含む)
平成33年度 金 756,000 円(消費税額及び地方消費税額を含む)
平成34年度 金 756,000 円(消費税額及び地方消費税額を含む)

なお、初期経費(ウェブサイト再構築費)及び運用経費の一切を含むものとする。

4 実施形式  

公募型プロポーザル


5 スケジュール
平成29年6月30日(金)  公募開始
平成29年7月14日(金)  プロポーザル説明会
平成29年7月21日(金)  質疑受付締切
平成29年8月18日(金)  参加申込書及び企画提案書等の提出締切
平成29年8月28日(月)  1次審査結果通知2次審査通知発送
平成29年9月13日(水)  プレゼンテーション審査
平成29年9月下旬      委託業者決定通知発送

6 応募資格
次の条件の全てを満たしていることとします。
(1)県内に本店支店又は営業所を置く者
(2)地方自治法施行令(昭和22年政令第16号)第167条の4の規定に該当していない者
(3)破産宣告を受け復権していない者でない者
(4)銀行取引停止処分を受けている者でない者
(5)会社更生法(平成14年法律第154号)に基づく更生手続開始の申立て、又は民事再生法(平成11年法律225号)に基づく再生手続の申立てがなされている者ではないこと
(6)群馬県の指名停止処分を受け、その期間が終了していない者でない者
(7)暴力団、暴力団員又は暴力団員と社会的に非難されるべき関係を有する者でないこと
(8)システムに係る保守体制が整備されている者

7 説明会の日時および場所
平成29年7月14日(金)プロポーザルに係る説明会
午前10時00分〜 (※1時間程度) 群馬県立女子大学  新館6F研修室

8 質疑・応答
(1) 任意の様式に質問内容を記入し、郵送、電子メール又はFAXにて提出すること。
※電子メールの場合は、メール件名を「群馬県立女子大学公式ウェブサイト再構築・保守業務委託質問(○○会社)」とすること。
※郵送の場合は、受け取り日時及び配達されたことが証明できる方法によることとし、提出期間中に到着すること。郵便事故等については提出者のリスク負担とする。
※電子メール又はFAXの場合は、必ず電話で送信した旨を伝え、総務係に着信したことを確認すること。
※電話や口頭での質問や提出期間を過ぎた質問は受付けない。

(2) 質疑提出期間
 
  平成29年6月30日(金)〜平成29年7月21日(金)質疑受付締切(土曜日、日曜日を除く。)までの各日9時から17時(12時から13時を除く。)までとする。
(3) 提出先
「17 問い合わせ先」に記載のある連絡先
(4) 回答方法
質問を受理した日の翌日から5日以内(土曜日、日曜日を除く。)に質問者へ文書、FAXまたは電子メールで回答する。
(5) 質問および回答の閲覧
すべての質問および回答の内容について、本学ウェブページにおいて閲覧できるものとする。閲覧の日時は平成29年7月7日(金)から同年8月17日(木)の17時までとする。


※質問への回答(PDF189KB)を掲載しました。(H29.7.21)


9 参加申込の手続き
プロポーザルへの参加を希望する事業者は、次の書類等を提出してください。

 (1) 提出書類等
下記ア〜キの書類を下記の順番に綴じ、10部提出すること。なお、ア、ウ及びオについては原本1部、写し9部とする。 なお、企画提案書の作成にあたり、写真等のデータが必要な場合は、本学ウェブサイト(http://www.gpwu.ac.jp/)のデータもしくは「大学案内2018」に掲載している写真を取り込んで利用すること。(※本契約後にウェブサイトを作成する際は、「大学案内2018」の写真をデータで提供します。)
  • 【様式1】参加申込書
  • 【様式2】業務受託実績調書
  • ウ 費用見積に関する書類(※現行税率で作成し、年度ごとに分けて記載すること。)
  • エ 応募者の概要がわかる書類(※任意:会社パンフレット等)
  • オ その他(群馬県の「物件等購入契約資格者名簿」に登載されていない者のみ)
    • (ア)法人登記簿謄本
    • (イ)決算書
    • (ウ)県税完納証明書
    • (エ)誓約書(群馬県暴力団排除条例第7条関係)
    •   ※ 提出書類は原則A4版とします。
  • カ 企画提案書 ………詳細は、「10 企画提案書作成方法」を参照
  • キ 別紙2「CMS機能要件一覧」(各機能の対応可否等を記載すること。)

 (2)提出期間
平成29年6月30日(金)から同年8月18日(金)[必着]
(※土曜日、日曜日を除く。)までの各日9時から17時までとする。

 (3)提出方法
持参又は郵送にて提出すること。
※郵送の場合は、受け取り日時及び配達されたことが証明できる方法によることとし、提出期間中に到着すること。郵便事故等については提出者のリスク負担とする。

 (4)提出先
「17 問い合わせ先」に記載のある担当窓口

10 企画提案書作成方法
(1) 企画提案書記載事項
群馬県立女子大学公式ウェブサイト再構築・保守業務委託仕様書に基づき、次の1〜5の各項目順に内容を記載した企画提案書を提出すること。ただし、下記項目に加えて、新たな項目についての提案を行うことは妨げない。
1 ウェブサイトのコンセプト
  • ウェブサイトの全体像
  • デザイン、コンテンツ、レイアウト等の作成方針、考え方
  • 今後の新しい技術動向への対応の可能性など、本学サイトの将来を見据えた展開イメージ
2 ソフトウェア、サーバ等に関する実施内容
  • データセンタの要件及びサーバスペック
  • データ移行の手法とポイント
  • その他
3 アクセシビリティ等に関する実施内容
  • アクセシビリティ及びユーザビリティ
  • システムの操作性
4 実施体制に関すること
  • 業務の進め方、実施体制及び緊急時の連絡体制
  • 本学と提案者の役割分担
5 経費見積
  • 見積明細を作成すること
  • 単年度ごとの見積を作成すること
(2) 留意事項
ア 企画提案書はA4版、長辺綴じとし、20ページ以内(表紙を除く)とすること。 表紙に「群馬県立女子大学公式ウェブサイト再構築・保守業務委託企画提案書」と記載し、余白に会社名等を記入すること。

イ 企画提案書は、専門的な知識がない者でも理解できる表現に配慮すること。

ウ 必要に応じて補足資料の提出を求めることがある。

エ 企画提案書の提出は1社(者)につき1案とする。

11 審査方法
本要領及び仕様書等に基づいて作成・提出された企画提案書等について、群馬県立女子大学公式ウェブサイト再構築・保守業務委託審査会(以下、「審査会」という。)が審査する。

(1) 審査方法
  • 本学が設置する審査会による審査を経て、予定価格の範囲内において評価の合計点が最も高い者を委託先の優先交渉者として選定する。
  • 審査会では、企画提案者による企画提案書等に基づくプレゼンテーション審査を実施する。プレゼンテーション審査では、インターネット環境等を本学が用意する。(ノートPC(D−suvケーブル接続可能な機種)持参のこと)
  • なお、応募者が多数の場合、1次審査として書類審査で5者程度に絞り込みを行った上で、審査会(2次審査)を行う。

(2) 審査日  平成29年9月13日(水)

(3) 詳細な日時・会場等は、審査会参加者に対して別途通知する。
(※平成29年8月28日(月)発送予定)

(4) 審査項目
下記の項目を基本に審査を実施する。
[項番]       [評価項目]                         ]

  1    ウェブサイトのコンセプトについて
 
・システムの全体像は、本学の目的、基本方針に合っているか。
・デザイン、コンテンツ、レイアウト等に工夫があるか。
・将来的な展開を見据えているか。               
 
  2   ソフトウェア、サーバ等について
 
・CMSの推奨項目は本学の要件を極力満たしているか。
・データセンタ要件およびサーバスペックは優れた要件となっているか。
・データ移行の手法は適切であるか。             

  3   アクセシビリティ等について
   
・アクセシビリティやユーザビリティに配慮できるシステムであるか。
・システムの操作性は、使いやすく機能的であるか。    
  
  4   実施体制等について
 
・業務の進め方、実施体制及び担当者は適切で、緊急時の連絡体制も十分であるか。
・本学と提案者の役割分担が明示されており、本学の負担を軽減する提案であるか。 
                                  
  
  5   見積金額について
 
合理的で経費節減を意識した見積金額であるか。   
   
12 審査結果

(1)通知方法 プレゼンテーション審査を受けた全ての提案者に文書にて通知する。
(2) 通知時期 平成29年9月下旬を予定

13 提出書類の取扱い

(1)提出された全ての書類は、返却しない。
(2) 提出後の差し替え及び追加、削除は認めない。
(3)提出された書類は、提出した者に無断で、このプロポーザルにかかる審査以外には利用しない。

14 契約相手方の決定

(1)審査会で選定された優先交渉者(提案者)は、企画提案書等の内容について、本学事務局総務係と詳細な内容について協議を行い、正式な見積書を提出し、その額が予定価格の範囲内であれば、契約の相手方として決定します。
(2) なお、優先交渉者との交渉が不調に終わった場合、次点以下とされた者と交渉する場合があります。
(3)委託により作成された成果品に関する全ての権利は、群馬県立女子大学に帰属します。
(4) 群馬県の「工事請負資格者名簿」又は「物件等購入契約資格者名簿」登載者でない者は契約保証金(契約金額の10/100以上)の納付が必要になります。



15 その他
(1)平成30年4月1日以降の本学の体制について
本学の運営は、平成30年4月1日以降、群馬県から公立学校法人へ移行する予定と なっており、本契約については、法人へと引き継がれます。

(2)言語及び通貨単位
手続きにおいて使用する言語及び通貨単位は、日本語及び日本国通貨に限ります。

(3)費用負担
書類作成および提出にかかる費用など、必要な経費はすべて提出者の負担とします。 緊急やむを得ない理由等により、本公募型プロポーザルを実施することができないと認めるときは、停止、中止又は取り消すことがあります。なお、この場合において、 本公募型プロポーザルに要した費用を本学に請求することはできません。

(4)参加辞退の場合
参加申込書の提出後、都合により参加を辞退することになった場合は、速やかに辞退届(様式任意)を「17 問い合わせ先」に記載のある担当窓口に提出してください。

(5)失格事項
次のいずれかに該当した場合は、その者を失格とします。
  • ア 参加資格要件を満たしていない場合
  • イ 提出書類に虚偽の記載があった場合
  • ウ 実施要領等で示された、提出期日、提出先、提出方法、書類作成上の留意事項等の条件に適合しない書類の提出があった場合
  • エ 選定結果に影響を与えるような不誠実な行為を行った場合
  • オ 見積書の金額が「3 予定価格」を超過した場合
  • カ その他、公平性に影響を与える行為があったと認められる場合

(6)著作権等の権利
企画提案書等の著作権は、当該企画提案書等を作成した者に帰属するものとします。 ただし、業務実施先に選定された者が作成した企画提案書等の書類については、本学が必要と認める場合には、本学は、業務実施先にあらかじめ通知することにより、その一部又は全部を無償で使用(複製、転記又は転写をいう。)することができるものとします。

(7)企画提案書に記載された内容は、特に明記がない場合、業務実施後に追加費用を伴わず実施できるものとします。

(8)提案者は、公募型プロポーザル方式の実施後、不知又は内容の不明を理由として、異議を申し立てることはできません。


16 資料

17 問い合わせ先
   群馬県立女子大学 事務局総務係
TEL:0270-65-8511
FAX:0270-65-9538
E-Mail:daigaku@pref.gunma.lg.jp