【国際コミュニケーション学部のゼミナールがまえばし企業魅力発掘プロジェクトで最優秀賞受賞】

平成28年11月14日に前橋商工会議所で前橋市産業政策課主催の「まえばし企業魅力発掘プロジェクト」発表会が開催されました。このプロジェクトは富士通の開放特許を用いて地元の企業と連携できる新たな商品・サービスを提案するコンテストで、5大学(群馬大学、高崎経済大学、高崎商科大学、前橋工科大学、本学)から計8チームが参加しました。

国際コミュニケーション学部の社会デザイン論ゼミナールでは4年生が本プロジェクトに挑み半年かけて企画立案、市場調査、企業訪問などの準備を重ねてきました。発表会では温度差発電技術を活用した握ると光るキーホルダー「ホタルノヒカリ。」を提案し、学生生活の集大成として渾身のプレゼンテーションを行った結果、幸い「最優秀賞」を受賞することができました。ゼミ生からは「諦めずに頑張ってきて良かったと心底思えた」という感想が寄せられました。

【プラン概要】
普段はお洒落なキーホルダーとして利用するが、温度差発電技術を用いて握ると光る機能を有する商品。売れ筋のお洒落なキーホルダーに、鍵穴を照らしたり、災害発生時に(電池切れを心配せずに)光で安否を伝えることができるという付加価値をつけました。発表会では、経営学のマーケティング手法や概念に則って説明を行いました。

学生の活動の様子 学生の活動の様子 学生の活動の様子 学生の活動の様子