国際コミュニケーション学部創設10周年/「国際理解と平和―大使リレー講座」開講10周年 記念シンポジウムを開催しました

平成27年11月17日(火)に、国際コミュニケーション学部創設10周年/「国際理解と平和―大使リレー講座開講10周年記念シンポジウムを開催しました。
基調講演では元国連事務次長の明石康さんに、「これからの国際社会で活躍するために」と題して、外国語の習得や留学を通して、外国人の心の機微まで感じ取れるようになることの大切さをお話しいただきました。

第二部のパネルディスカッションでは、明石康さん、UNWomen日本事務所長の福嶌香代子さん、日本紛争予防センター理事長の瀬谷ルミ子さんをパネリストに迎え、「国際社会で活躍するために」をテーマにお話いただきました。「国連を目指して勉強に励んでほしい」という励ましや、「機関や国境などあらゆるボーダーを超えて活動することがグローバル」というお話をいただきました。

本学学生のほか多くの県民の方にもお越しいただき、200名を超える参加者が熱心に聴講しました。

国際コミュニケーション学部創設10周年/「国際理解と平和―大使リレー講座」開講10周年 記念シンポジウム




>>>開催時の御案内・開催概要はこちら