国際コミュニケーション学部の教員が『大学の約束 2015-2016』の特集記事「女性の未来に大学ができること」に登場しました

 2015年9月25日発売のリクルートムック『大学の約束 2015-2016』(発行:リクルートホールディングス)では「今、大学について大人たちが知っておくべきこと」として、「GLOBAL」「CHANGE」「CAREER」「WOMEN」をキーワードに様々なテーマが取り上げられています。

「WOMEN」冒頭の特集記事「女性の未来に大学ができること」(P.170-171)には国際コミュニケーション学部の安齋徹准教授が登場し、次のようなコメントが紹介されています。 (1)真に輝く女性リーダーを増やすには、スタートダッシュの準備期である大学時代に教員が学生に高い信頼感を寄せ自信とチャレンジ精神を育み、思考力・行動力・創造力を磨くことが大切である。(2)グローバル化の進展と共に、多様性を受容する協調型リーダーへの期待が高まっている。(3)ダイバーシティの実現がイノベーションの可能性を高める。(4)急速に変化する世界で生き抜くタフネスと新たな価値を生み出すクリエイティビティを持った人材を輩出するために、大学は教育の質を上げていく必要がある。(5)単なる管理職予備軍でなく未来を切り拓く人材、すなわち社会をより良く変革し新たなビジネスを創造していく元気と勇気のある人材を育てていきたい。

特集記事は「しなやかさと強さをもった未来の女性リーダー育成への挑戦が大学で始まっている」という言葉で締め括られています。

外部リンク:大学の約束 2015-2016 http://shingakunet.com/yakusoku