国際コミュニケーション学部の学生が
2015年度外務省主催国際問題プレゼンテーション・コンテストで、
外務大臣賞(最優秀賞)と優秀賞のダブル受賞

 32年目を迎えた外務省主催の国際問題プレゼンテーションコンテストが9月27日に開催され、国際コミュニケーション学部4年生の萩原梢さんが外務大臣賞を受賞、同学部3年生の村松舞奈さんが優秀賞を受賞しました。

 今年のテーマは「私の提言〜核兵器のない世界の実現に向けた日本の取組〜」です。二人とも様々なデータに基づいた、しかも若者らしい提案内容でした。

詳細は以下のページをご覧ください。
外部リンク:
  外務省 「国際問題プレゼンテーション・コンテスト」開催の概要報告  http://www.mofa.go.jp/mofaj/p_pd/dpr/page25_000142.html


10月29日(木)には、萩原梢さんが外務大臣賞を受賞したプレゼンテーションを学生対象に披露する予定です。