ぐんま女性ネットワーク会議のアドバイザーに本学教員が就任

 男女共同参画社会の形成を進めるには、様々な分野での女性の活躍を推進していく必要があります。そのため群馬県では、異なる業種・業態で活躍する女性を構成員とする「ぐんま女性ネットワーク会議」を設置し、参加者の資質向上と交流の機会を提供することで、企業や地域のリーダーとなる女性を養成していくことになりました。国際コミュニケーション学部の安斎徹准教授が「ぐんまネットワーク会議」のアドバイザーに就任し、2015年8月31日の会議では「女性が活躍するために」という講義と「コミュニケーションの基本」というワークショップ形式の研修を行いました。