ぐんま女性活躍大応援団実行委員会のアドバイザーに本学教員が就任

 女性が意欲を持ち、能力を発揮して地域社会での活躍が進むことは、地域の魅力を向上させ地域を活性化します。そのため群馬県では「ぐんま女性活躍大応援団」を設置し、地域ぐるみで女性活躍応援の輪を広げることになりました。

 企画・推進機関である「ぐんま女性活躍大応援団実行委員会」は群馬県や経済団体、農業団体、観光団体、金融機関、報道機関、企業、NPO、更には「ぐんま女性ネットワーク会議」や「ぐんま学生会議」の代表者などから構成されますが、国際コミュニケーション学部の安斎徹准教授がアドバイザーに就任し、2015年6月29日の会合では「女性活躍の意義と現状」という講話を行いました。