国際コミュニケーション学部のゼミの活動〜
東北復興応援チャリティ・リレーマラソン東京2014を応援しました

東北復興応援チャリティ・リレーマラソン東京2014(主催:公益社団法人日本フィランソロピー協会、後援:文部科学省・岩手県教育委員会・宮城県教育委員会・東京都教育委員会)は、東北の中学生がふるさとを元気にするために施策を検討し、東京の中学生が募金活動によってサポートするというプログラムです。2014年7月20日には象徴的イベントとして東北と東京の中学生約100名がタスキをつなぎながら都内を走り、交流を深めました。

国際コミュニケーション学部人的資源管理研究ゼミナール/社会デザイン論ゼミナールではこのプログラムの趣旨に賛同し、5月には東京の中学生の熟議にファシリテーターとして参加、7月には群馬で募金活動を実施、7月20日のチャリティ・リレーマラソンでは、ルートの誘導や備品の運搬、東北と東京の中学生の盛り上げ役などを務めました。

参加した学生からは「中学生の頑張る姿から勇気をもらった」「募金活動やマラソンの行く先々で人々の温かさに触れ言葉には到底表せないくらい大きな幸せを感じた」「これからも東北震災復興のために自分にできることをしていきたいと決意を新たにした」という感想が寄せられ、貴重な学びの機会となりました。

東北復興応援チャリティ・リレーマラソン2014 (外部リンク)

学生の活動の様子