「芸術プログラム」参加学生による『秋の映画上映会』(11/9)のお知らせ

 文学部美学美術史学科「芸術プログラム」の授業「芸術の現場へ1」(「上映の現場」コース)の参加学生がこの11月に上映会を行います。今年度は「耳をすませて じっと見つめる〜忘れられゆく<他者>への眼差し〜」というテーマで、11月9日(土曜)に本学講堂にて無声映画1作・ドキュメンタリー映画2作の計3作を上映いたします。

 今回の上映会は、東日本大震災を巡る昨年の上映会を引き継いだ企画でもあります。4月から7月にかけての事前の勉強会では、一昨年の3.11東日本大震災を改めて見つめ直し皆で議論するなかで、埋もれていく声を聴くことの大切さを感じました。そして日頃見慣れているメディア映像からは知りえぬものを改めて見つめ直したいと、春から選考を重ね以下に紹介する3作の映画を選びました。3作いずれも、これ見よがしに声高に騒ぎ立てるのでなく、現場・当事者達に根気よく寄り添い伝えるべきことを静かに語りかけてくる作品ばかりです。

 無声映画については、国内外で活躍中のサイレント映画ピアニスト、柳下美恵さんをお招きしての上映です。映画『極北の怪異(ナヌーク)』を柳下さんによるスタインウェイのピアノ生演奏により上映します。聴こえてくる柳下さんのピアノに耳を傾け映像を見つめると、声なき映像に命の音を次々と与えていく無声映画上映独特の魅力が一杯に立ち上がってきます。是非お楽しみ下さい。

 ドキュメンタリー映画については、2つの作品、佐藤真監督『阿賀に生きる』と松林要樹監督『花と兵隊』を上映いたします。どちらも私たち日本人の現在の歴史・現実に関わる重要なテーマを深く掘り下げ、当事者の方たちでもそして私たちでも容易に割り切れぬ問いかけを、淡々とでも真摯に映像化した極めて見応えのある映像作品です。私たち皆が真正面から向き合うのを躊躇いがちなテーマとその当事者の人々の声と映像を、この上映会をきっかけに皆さまと一緒に耳を澄ましそして静かに見つめていきたいと思います。

無声映画・ドキュメンタリー映画上映会
  • 日時  2013年11月09日(土)
  • 場所  群馬県立女子大学 講堂
  • 入場料  無料
  • 日程
    • 09時30分 開場
    • 10時00分 開演
    • 10時00分〜12時00分 『阿賀に生きる』(佐藤真監督、115分、1992年)
    •   (30分休憩)
    • 12時30分〜14時00分 『極北の怪異(極北のナヌーク)』(ロバート・J・フラハティ監督 、78分、1922年) ピアノ演奏:柳下美恵氏
    •   (10分休憩)
    • 14時10分〜16時00分 『花と兵隊』(松林要樹監督、109分、2009年)
サイレント映画ピアニスト柳下美恵さん
Photo by スズキマサミ
阿賀に生きる
画像提供 阿賀に生きる:太秦
花と兵隊
画像提供:花と兵隊 東風
花と兵隊
画像提供:花と兵隊 東風



問い合わせ先

群馬県立女子大学 文学部美学美術史学科
  Mail : geipr.h25@gmail.com