大学と美術館連携事業におけるワークショップ開催のお知らせ

 文学部美学美術史学科アートマネジメントゼミでは、本年「群馬県内の美術館における学生による教育普及プログラムの開発と実践」という研究テーマで、県内の美術館と連携を図っています。8月には富岡市立美術博物館と群馬県立館林美術館にて学生が企画したワークショップが実施されます。

富岡市立美術博物館×群馬県立女子大学「夏休みわくわくワークショップ」

「アートマネジメント演習1」で、受講者32名が8班に分かれ、企画したプログラムを実践します。

  • 日時:8月10日(土)、11日(日)
    両日 午前10時〜午後3時の中で一日4つ、計8つのワークショップが開催されます
  • 対象:幼児〜小学生
  • 参加費:無料
  • 場所:富岡市立美術博物館(富岡市黒川351−1)
  • 問い合わせ:0274−62−6200(富岡市立美術博物館)
  • *詳細は富岡市報8月号にも掲載されています。(21ページ)
    http://www.city.tomioka.lg.jp/municipal/006/002/ (外部リンク)
    (夏休みわくわくワークショップのチラシ)
    夏休みわくわくワークショップチラシ(おもて)(PDF1,521KB) 夏休みわくわくワークショップチラシ(うら)(PDF1,682KB)

群馬県立館林美術館×群馬県立女子大学「粘土で自分だけの守り神を作ろう!

アートマネジメントゼミ生8名によるワークショップを開催します。 企画展にちなんだ内容を考案し、子どもから大人まで楽しめる作品を作ります。

  • 日時:8月25日(日)午後1時〜4時
  • 対象:幼児〜一般
  • 定員:100名(先着順)
  • 参加費:無料
  • 場所:群馬県立館林美術館 エントランス
  • 問い合わせ:美術館教育普及係 0276−72−8188(代表)
  • *詳細は群馬県立館林美術館HPにも掲載されています
    http://www.gmat.gsn.ed.jp/ex/ex1.html (外部リンク)

「粘土で自分だけの守り神を作ろう!(PDF2,026KB)