学修の評価、卒業認定基準等

学業成績の評価(大学・大学院共通)

学業成績の評価は、授業科目の履修期間が終了したときに、試験及び平素の成績を総合して判定し、5段階等に評価する。
なお、単位は、評価の基準により、秀、優、良、可、合及び認の評価を得た者に与える。

評価 評価の基準(100点満点)
5段階評価 100点以下90点以上
90点未満80点以上
80点未満70点以上
70点未満60点以上
不可 60点未満
本学の科目で成績を合・否で評価すると事前に定めるもののうち、合格とするもの
本学の科目で成績を合・否で評価すると事前に定めるもののうち、不合格とするもの
他大学等の履修科目を本学の科目に読み替える際に、秀・優・良・可のいずれかに評価しがたいもの

※平成25年度以前の入学者は、優、良、可、不可の4段階評価とし、80点以上100点以下は優とする。

大学卒業要件

本学に4年以上在学して、所定の授業科目を履修し、124単位以上を修得しなければならない。

大学院修了要件

本学大学院に2年以上(優れた業績を上げた者は1年以上)在学し、30単位以上を修得し、かつ、必要な研究指導を受けた上、本学大学院の行う修士論文、修了制作又は課題研究の審査及び最終試験に合格しなければならない。

卒業または修了者に授与される学位

学部または研究科 学位の種類
文学部 学士(文学)
国際コミュニケーション学部 学士 (国際コミュニケーション学)
文学研究科 修士(文学)
国際コミュニケーション研究科 修士(国際コミュニケーション学)