教員一覧

H29.4.1現在
氏名 神谷信廣 KAMIYA Nobuhiro
所属 国際コミュニケーション学部
英語コミュニケーション課程
准教授
専門等
専門分野 第二言語学・英語教育学
担当科目 言語教育学ゼミナール、言語と教育、英語の学習スタイルと技術、TEFL、英語 (リスニング・文法・エッセイライティング)
研究課題 英語の授業における教授法の効果
所属学会 アメリカ応用言語学会 (AAAL)、全国英語教育学会 (JASELE)、関東甲信越英語教育学会 (KATE)、Asia TEFL
略歴等
主な学歴 平成5年3月 北海道教育大学教育学部札幌校中学校教員養成課程自然科学科卒業
平成9年5月 ハイデルバーグカレッジ教育学専攻修士課程修了
平成20年5月 コロンビア大学教育大学院ティーチャーズカレッジ応用言語学専攻修士課程修了
平成24年8月 ミシガン州立大学第二言語学専攻博士課程修了
学位 平成24年 第二言語学博士(ミシガン州立大学)
主な職歴 平成5年4月 札幌市立厚別中学校教諭
平成10年4月 札幌市立厚別北中学校教諭
平成14年4月 北海道教育大学教育学部附属札幌中学校教官教諭、
北海道教育大学教育学部札幌校非常勤講師
平成19年2月 コミュニティ・イングリッシュ・プログラム英語講師 (コロンビア大学教育大学院ティーチャーズカレッジ附属英語学校)
平成19年9月 コミュニティ・ラングイッジ・プログラム日本語講師 (コロンビア大学教育大学院ティーチャーズカレッジ附属語学学校)
平成20年8月 イングリッシュ・ラングイッジ・センター英語講師 (ミシガン州立大学附属英語学校)
平成24年4月 群馬県立女子大学 准教授
社会活動   OMELETS (The Organization to Make an Educational Link between English Teachers in Sapporo) 代表・メーリングリスト管理
  VAULTT (Video Assistance for Understanding Language Teaching Techniques) 教師役として出演 (https://www.msu.edu/~amb/vault/VAULTT.html)
  各種学術論文原稿、及び学会要旨の査読
  TESOL Journal: Editorial Review Board
受賞歴 平成19年1月 学費援助基金 (コロンビア大学教育大学院ティーチャーズカレッジ)
平成19年1月 TC一般奨学金 (コロンビア大学教育大学院ティーチャーズカレッジ)
平成20年8月 研究奨学金 (ミシガン州立大学)
平成22年10月 要旨賞 (第33回第二言語研究フォーラム: SLRF)
平成23年4月 大学院博士論文完成奨学金 (ミシガン州立大学)
主要研究業績等
著書 単著 「話す活動と文法指導−フィードバック」 『第二言語習得に基づく英語指導のエッセンス(仮)』 平成29年3月
単著 「認知レベルにあった指導: 理論編」 『グローバル人材に求められる英語力の育成』 平成28年9月
単著 「「デキる」指導と「残念な」指導Q&A SLA研究の成果から: 研究と実践、理想と現実を見据えた英語指導を目指して」 『英語教育 7月号』 平成26年7月
共著 「授業に活かす言語学 応用言語学 (学習編) より効果的で効率的な学習のためのQ&A」 『英語教育 12月号』 平成25年12月
単著 「自由度を高めていく会話活動」 『CD-ROM版中学校英語科教育実践講座』 ニチブン 平成17年
単著 「北海道教育大学附属札幌中学校における英語科カリキュラム」 『北海道教育大学附属札幌中学校の教育課程』  平成16年8月
論文 単著 「An Analysis of the Meaning of ‘Natural’ Concerning Oral Corrective Feedback」 『Journal of Second Language Teaching and Research』 平成29年3月
単著 「The effect of learner age on the interpretation of the nonverbal behaviors of teachers and other students in identifying questions in the L2 classroom」 『Language Teaching Research』 平成28年7月
単著 「The relationship between stated beliefs and classroom practices of oral corrective feedback」 『Innovation in Language Learning and Teaching』第10号 平成28年10月
単著 「What effect does reading academic articles on oral corrective feedback have on ESL teachers?」 『TESOL Journal』第7号 平成28年6月
単著 「The effectiveness of intensive and extensive recasts on L2 acquisition for implicit and explicit knowledge」 『Linguistics and Education』第29号 平成27年1月
共著 「The influence of academic articles on an ESL teacher’s stated beliefs」 『Innovation in Language Learning and Teaching』第8号 平成26年4月
単著 「Proactive and Reactive Focus on Form and Gestures in EFL Classrooms in Japan」 『System』第40号 平成24年11月
単著 「How does the number of incidental recasts affect their effectiveness on addressees and auditors?」 『HELES Journal』第11号 平成24年1月
単著 「Exploring tests for L2 implicit and explicit knowledge: In the case of English unreal conditional」 『HELES Journal』第10号 平成23年1月
単著 「中学校の定期試験における英語の得点に見られる男女差」 『HELES Journal』第8号 平成21年1月
単著 「英語を通じて、生徒が「自由に」コミュニケーションできる授業の創造」 『北海道教育大学附属札幌中学校研究紀要』第51号 平成17年8月
単著 「英語を通じて、生徒が「気持ち」を伝え合うコミュニケーション活動のあり方」 『北海道教育大学附属札幌中学校研究紀要』第50号 平成16年8月
単著 「算数を大好きになる方法」 『SASTEC研究紀要』第1号 平成16年3月
単著 「4年間の研究のまとめ」 『北海道教育大学附属札幌中学校研究紀要』第49号 平成15年8月
単著 「「なりたい自分」への歩みを感じることを目指したコミュニケーション活動」 『北海道教育大学附属札幌中学校研究紀要』第48号 平成14年8月
単著 「Using movies for a warm-up in everyday class」 『ATEM研究紀要』第7号 平成13年
辞書・事典 単著 「Proactive and reactive focus on form」 『TESOL Encyclopedia of English Language Teaching (vol. Teaching grammar)』 平成29年3月 
単著 「Teacher and student assumptions and beliefs」 『TESOL Encyclopedia of English Language Teaching (Vol. Teacher and students assumptions and beliefs』 平成29年3月 
分担執筆 『最新英語学・言語学用語辞典』 中野弘三、服部義弘、小野隆啓、西原哲雄編 開拓社 平成27年11月