教員一覧

H29.4.1現在
氏名 深谷晃彦 FUKAYA Teruhiko
所属 国際コミュニケーション学部英語コミュニケーション課程
教授 (Professor)
国際コミュニケーション学部英語コミュニケーション課程長
略歴等
主な学歴 昭和60年3月 早稲田大学教育学部英語英文学科卒業
昭和62年3月 筑波大学大学院修士課程教育研究科教科教育専攻英語教育コース修了
平成10年12月 南カリフォルニア大学大学院言語学修士
平成19年5月 南カリフォルニア大学大学院博士課程修了
学位 昭和62年 教育学修士(筑波大学)
平成10年 Master of Arts(南カリフォルニア大学)
平成19年 Ph.D.(Linguistics)(南カリフォルニア大学)
主な職歴 昭和年62年4月 桐朋中学校・高等学校教諭
平成9年8月 南カリフォルニア大学東アジア言語学科日本語プログラム Assistant Lecturer
平成17年4月 群馬県立女子大学助教授
平成19年4月 群馬県立女子大学准教授
平成20年4月 群馬県立女子大学教授
社会活動 平成12年 第20回 West Coast Conference on Formal Linguistics (南カリフォルニア大学言語学科主催) 運営委員会・査読委員会 委員
平成16年 Linguistic Inquiry squib 臨時査読員
平成19年 第17回 Japanese/Korean Linguistics Conferenceアブストラクト査読員
平成21年 Lingua 査読員
平成22年 第60回 全国英語教育研究団体連合会 全国英語教育研究大会神奈川大会 分科会指導助言者
平成24年 第22回 Japanese/Korean Linguistics Conferenceアブストラクト査読員
平成24年 第17回 関東地区高等学校英語教育研究協議会群馬大会 分科会指導助言者
平成25・26年 群馬県教育委員会高大連携推進協議会委員
平成25年 Syntax 査読員
平成26〜28年 群馬県教育委員会「群馬県英語教育改善プラン」運営指導委員
専門分野 言語学、統語論、生成文法
担当科目 GrammarT、ListeningU、英語研究入門(文法)、英語研究(形態・統語)、世界の英語、統語論ゼミナールT・U、言語学ゼミナールV・W
研究課題 日本語と英語の省略構文、特に、スルーシング、ストリッピングの研究
所属学会 日本言語学会、日本英語学会、大学英語教育学会、筑波英語教育学会、日本メディア英語学会
主要研究実績
著書 共著 Sluicing: Cross-linguistic Perspectives (Oxford Studies in Theoretical Linguistics), Jason Merchant and Andrew Simpson (eds.). (Chapter 7: “Island- Sensitivity in Japanese Sluicing and Some Implications”担当) Oxford University Press 平成24年度
論文 単著 "Sluicing and Stripping in Japanese and Some Implications. " 博士論文(南カリフォルニア大学) 平成19年
単著 "Island (In)sensitivity in Japanese Sluicing and Stripping and Some Implications." Proceedings of the 22nd West Coast Conference on Formal Linguistics 平成15年
共著 "An Articulatory Examination of Word-Final Flapping at Phrase Edges and Interiors." (with Dani Byrd) Journal of the International Phonetic Association 35.1 平成17年
共著 "Stripping and Sluicing in Japanese and Some Implications." (with Hajime Hoji) Proceedings of the 18th West Coast Conference on Formal Linguistics 平成11年
書評 単著 Aelbrecht, L. (2010) The Syntactic Licensing of Ellipsis English Linguistics 29:1 平成24年