教員一覧

H29.4.1現在
氏名 杉本優 SUGIMOTO Masaru
所属 文学部国文学科
教授
附属図書館長
略歴等
主な学歴 1979年3月 東京大学文学部国文学科卒業
1982年3月 東京大学大学院人文科学研究科国語国文学専攻修士課程修了
1987年3月 東京大学大学院人文科学研究科国語国文学専攻博士課程修了(単位取得満期退学)
学位 1982年 文学修士(東京大学)
主な職歴 19887年4月 武庫川女子大学大学専任講師
1991年4月 武庫川女子大学助教授
1992年4月 奈良教育大学助教授
2000年10月 群馬県立女子大学助教授
2003年4月 群馬県立女子大学教授
専門等
専門分野 国文学(近代文学)
担当科目 近代文学演習、日本文学特講8、日本文学概論、近代文学講義講読、日本語文章表現、近代文学研究(院)、近代文学演習(院)
研究課題 高村光太郎研究、近代詩人研究、芥川龍之介研究
所属学会 日本近代文学会、昭和文学会、高村光太郎研究会 、萩原朔太郎研究会、東京大学国語国文学会、群馬県立女子大学国文学会
主要研究実績
著書 共著 『詩う作家たち』 至文堂 1997年4月
共著 『アプローチ芥川龍之介』 明治書院 1992年5月
共著 『コレクション現代詩』 桜楓社 1990年1月
論文 単著 「清川卓行『希望』の時空」 「群馬県立女子大学国文学研究」37 2017年3月
単著 「『近代詩における言表行為』素描」 『文学』9-5 2008年9月
単著 「近代詩」(国語国文学界の動向) 『文学・語学』190 2008年3月
単著 「安岡章太郎――『海辺の光景』論」 『国文学解釈と鑑賞』71-2 2006年2月
単著 「『白金之独楽』への道程」 『国文学解釈と鑑賞』69-5 2004年5月
単著 「文明――〈開化〉への郷愁」 『国文学解釈と鑑賞』別冊 2004年1月
単著 「大阪――大毎・講演・旅の宿」 『国文学解釈と鑑賞』別冊 2001年1月
単著 「白秋『薔薇二曲』ノート」 『国語と国文学』77- 5 2000年5月
単著 「朔太郎のヴィジョン――思想の一原器から」 『國文學』45- 1 2000年1月
辞書・辞典 項目執筆 『近代文学草稿・原稿研究事典』 八木書店 2015年2月
項目執筆 『兵庫近代文学辞典』 和泉書院 2011年10月
項目執筆 『現代詩大事典』 三省堂 2008年2月
項目執筆 『芥川龍之介新辞典』 翰林書房 2003年12月
項目執筆 『芥川龍之介全作品辞典』 勉誠出版 2000年6月
その他 単著 「暮鳥詩の魅力・暮鳥詩の可能性」 『遠望』47 2015年2月
単著 「暮鳥詩から現代詩へ」 『山村暮鳥−そして『雲』が生まれた』( 土屋文明記念文学館) 2014年10月
単著 「学界時評近代」 『アナホリッシュ國文學』 2014年4月
単著 「学界時評近代」 『アナホリッシュ國文學』 2013年9月
単著 「学界時評近代」 『アナホリッシュ國文學』 2013年3月
単著 「未曾有のとき/『智恵子抄』を読むために」 『第72回企画展『智恵子抄』という詩集』(土屋文明記念文学館) 2011年4月
単著 「学界時評 近代」 『國文學』59-9 2009年6月
単著 「学界時評 近代」 『國文學』53-18 2008年12月
単著 「朔太郎研究者としての那珂太郎」 『前橋文学館特別企画展 那珂太郎 −<無>の詩学−』 2008年10月
単著 「学界時評 近代」 『國文學』53-7 2008年5月
単著 「学界時評 近代」 『國文學』52-14 2007年11月