教員一覧

H29.4.1現在
氏名 宮内 洋 MIYAUCHI, Hiroshi
所属 文学部国文学科
教授
専門等
専門分野 臨床発達心理学・教育心理学・臨床文化学・観察学
担当科目 臨床心理学、カウンセリング、観察学、教育心理学、心理学A、教育実習指導、教職演習、教職実践演習
研究課題 日本社会における非中心的領域での生涯発達及び臨床発達心理学研究
所属学会 日本質的心理学会、日本発達心理学会、日本社会学会、日本保育学会、日本子ども社会学会、日本教育心理学会、日本心理劇学会、障害学会、群馬県立女子大学国語国文学会
略歴等
主な学歴 1990年3月 北海道大学教育学部教育学科卒業
1994年3月 北海道大学大学院教育学研究科教育学専攻修士課程修了
1998年10月 北海道大学大学院教育学研究科博士後期課程教育学専攻単位修得退学
学位 1994年3月 修士(教育学)(北海道大学)
主な職歴 1993年4月−1997年3月札幌学院大学社会情報学部 非常勤講師
1994年4月日本学術振興会特別研究員DC1(1997年3月まで)
1997年4月−1999年10月拓殖大学北海道短期大学保育学科 非常勤講師
1998年4月−1999年3月札幌学院大学社会情報学部 非常勤講師
1998年11月日本学術振興会特別研究員PD(2001年3月まで)
1999年4月−1999年9月北星学園女子短期大学生活学科 非常勤講師
2000年12月琉球大学教育学部非常勤講師(集中講義)
2001年4月札幌国際大学人文・社会学部心理学科専任講師(2003年3月まで)
2001年4月札幌国際大学心理相談研究所研究員(2005年3月まで)
2003年4月札幌国際大学人文学部心理学科 専任講師(学部改組のため)(2004年3月まで)
2004年4月札幌国際大学社会学部ビジネス社会学科 専任講師(ライフデザインコース主任)(2005年3月まで)
2005年4月高崎健康福祉大学短期大学部児童福祉学科 助教授(2007年3月まで)
2005年12月琉球大学教育学部 非常勤講師(集中講義)
2006年4月−2016年3月高崎健康福祉大学薬学部 兼担講師
2007年4月高崎健康福祉大学短期大学部児童福祉学科 准教授(職名変更)(閉校のため2013年3月まで)
2009年4月−2016年3月群馬県立女子大学文学部 非常勤講師
2009年9月−2013年3月前橋工科大学工学部 非常勤講師
2010年8月−2012年3月愛媛大学教育学部 非常勤講師(集中講義)
2010年9月−2012年3月群馬医療福祉大学大学院社会福祉学研究科 非常勤講師
2012年4月高崎健康福祉大学人間発達学部子ども教育学科 准教授(2016年3月まで)
2012年4月−2016年3月高崎健康福祉大学大学院保健医療学研究科 兼担講師
2014年4月−現在青山学院女子短期大学専攻科 非常勤講師
2014年4月−2015年3月北海道大学大学院教育学研究科 非常勤講師(集中講義)
2014年10月−2015年3月群馬大学大学院教育学研究科 非常勤講師
2016年4月群馬県立女子大学文学部国文学科 教授(現在に至る)
2016年4月−現在高崎健康福祉大学健康福祉学部・保健医療学部・薬学部 非常勤講師
社会活動 2004年5月−2005年5月日本臨床発達心理士会 北海道支部役員
2005年7月−2006年12月日本質的心理学会 会務委員
2007年5月−現在日本臨床発達心理士会 群馬支部役員
2008年5月−2010年3月文科省事業昭和村早期総合支援モデル地域協議会委員
2009年7月−現在日本臨床発達心理士会 群馬支部事務局長
2010年1月−2012年3月日本臨床発達心理士会 災害・社会的トラブル対策WG委員
2010年9月−現在群馬県昭和村学童保育巡回相談員
2011年11月−現在群馬県放課後子どもプラン推進委員
2012年4月−現在ぐんまこどもの国児童会館心理相談員
2012年7月−2013年3月群馬県福祉教育実践研究会委員(座長)
2013年4月−2015年3月みなかみ町発達障害専門向上検討会議委員
2014年5月−現在特定非営利活動法人社会理論・動態研究所客員研究員
2014年6月−2015年12月学術雑誌『理論と動態』編集委員
2014年11月−2016年3月International journal of critical social science ”Social Theory and Dynamics” Associate Editor
2015年4月−現在桐生市子ども発達支援アドバイザー
2015年5月−現在日本臨床発達心理士会群馬支部 支部長
2016年4月−現在日本質的心理学会『質的心理学研究』編集委員
主要研究実績
著書 共著『インタビューという実践』新曜社2014年4月
共著『生きる力を育てる臨床心理学』保育出版社2013年4月
共著『事例と図解で学ぶ保育実践 子どもの心の育ちと人間関係』保育出版社2009年4月
共著『〈当事者〉をめぐる社会学−調査での出会いを通して−』北大路書房 2010年10月
共著『乳幼児のための心理学』保育出版社2009年3月
共著『保育実践のフィールド心理学 改訂版』北大路書房 2009年2月
共著『質的心理学講座第1巻 育ちと学びの生成』 東京大学出版会2008年4月
共著『あなたは当事者ではない−〈当事者〉をめぐる質的心理学研究−』北大路書房2007年9月
共著『つくってさわって感じて楽しい! 実習に役立つ表現遊び2』 北大路書房2007年4月
共著『繋がりと排除の社会学』明石書店2005年12月
単著『体験と経験のフィールドワーク』北大路書房2005年9月
共著『新版・心理学がわかる。』朝日新聞社2003年5月
共著『フィールドワークの経験』せりか書房2000年5月
共著『教育のエスノグラフィー』嵯峨野書院1998年5月
共著『エスノメソドロジーの想像力』せりか書房1998年2月
論文 共著「貧困調査のクリティーク(3):『まなざしの地獄』再考」『北海道大学大学院教育学研究院紀要』128号 2017年6月予定
単著 「永山則夫の『自伝的小説』における『頬の傷』と『戸籍謄本』をめぐる記述」 『群馬県立女子大学国文学研究』第37号2017年3月
単著 「教職課程における『生徒指導、教育相談及び進路指導等に関する科目』でのロール・プレイングの導入:『自らのフレームに気づくための“役割交換重視型ロール・プレイング”』の有効性」 『群馬県立女子大学紀要』第38号 2017年2月
単著「貧困研究とトラウマ−もう一つの『まなざしの地獄』−」『理論と動態』第8号2015年12月
共著「母子保健からみるオーストラリア・ヴィクトリア州における自閉スペクトラム症乳幼児への早期支援システム」 『群馬パース大学紀要』第19号2015年9月
共著「貧困調査のクリティーク(2):『 排除する社会・排除に抗する学校』から考える」『北海道大学大学院教育学研究院紀要』122号2015年6月
共著「貧困調査のクリティーク(1):『豊かさの底辺に生きる』再考」 『北海道大学大学院教育学研究院紀要』120号2014年6月
共著「新たな貧困調査の構想のために-日本国内の貧困研究の再検討から-」 『愛知県立大学教育福祉学部論集』第62号2014年2月
単著「フィールドワークにおける葛藤」 一般社団法人社会調査協会編『社会と調査』第11号2013年9月
単著「貧困と排除の発達心理学序説」『発達心理学研究』第23巻第4号2012年12月
共著「保育実践における《振り返り》の作法-健全な《振り返り》の場の構築に向けて-」『高崎健康福祉大学紀要』第9号2010年3月
単著「インタビューにおける語りの扱いの相違:ある女性の〈非科学的〉な語りをもとに」 『質的心理学フォーラム』創刊号2010年1月
共著「支えることと支えられること−エイズ患者へのサポート活動の実践を通して−」『現代のエスプリ』458号(特集:クリニカル・ガバナンス 共に治療に取り組む人間関係)2005年8月
単著「〈出来事〉の生成−幼児同士の『トラブル』に見る説明の妥当性について−」 『質的心理学研究』第3号2004年4月
単著「〈異なる文化〉を語る前に−もう一つの『蜜柑』論」 『現代のエスプリ』441号(特集:ボトムアップ人間科学の可能性)2004年4月
単著「教室におけるクレイム申し立て−21世紀の高等教育機関における教育の方向性をめぐる試論−」 『札幌国際大学紀要』第34号2003年3月
単著 「私はあなた方のことをどのように呼べば良いのだろうか? 在日韓国・朝鮮人? 在日朝鮮人? 在日コリアン? それとも? −日本のエスニシティ研究における〈呼称〉をめぐるアポリア−」『コリアン・マイノリティ研究』第3号 1999年12月
単著「『多文化保育・教育』とクラス編成」 『保育学研究』第37巻第1号(特集:幼児の多文化教育)1999年8月
単著「沖縄県離島部における幼稚園生活のエスノグラフィー的覚え書き」 『北海道大学教育学部紀要』78号1999年7月
単著「外国籍園児が在籍する北海道の幼稚園」『季刊子ども学』17号 1997年10月
辞書・辞典 共著 『子ども問題事典』ハーベスト社2013年7月
その他 共著群馬県社会福祉協議会 福祉教育実践研究会編 『防災と福祉教育実践ハンドブック』2013年3月
単著「ママとこどものココロ相談」『ままえーる』Vol.102012年12月
単著「沖縄・西表島子育てリポート 子どもは島の宝 あんなにがして育つよ」へのコメント 『たまひよこっこクラブ』3月号(No.102)2005年2月