教員一覧

H29.4.1現在
氏名 石川泰水 ISHIKAWA Yasumi
所属 文学部国文学科
教授
     
略歴等
主な学歴 昭和53年3月 東京大学文学部国文学科卒業
昭和56年3月 東京大学大学院人文科学研究科国語国文学専攻修士課程修了
昭和61年3月 東京大学大学院人文科学研究科国語国文学専攻博士課程修了
学位 昭和56年 文学修士(東京大学)
主な職歴 昭和61年4月 群馬県立女子大学専任講師
昭和62年4月〜平成11年3月 放送大学非常勤講師
平成元年4月 群馬県立女子大学助教授
平成4年4月〜平成16年3月 群馬大学非常勤講師
平成15年4月 群馬県立女子大学教授
社会活動 1998年4月〜2005年3月 大学入試センター作題部会委員
1998年4月〜2007年3月 大学入試センターデータベース部会委員
2010年7月〜2010年11月 土屋文明記念文学館「県民の意見を聞く会」委員・座長
専門等
専門分野 中世和歌文学
担当科目 日本語文章表現、変体仮名の解読、日本語日本文学基礎演習、中世文学史、中世文学演習1・2、中世文学講義講読1・2 (大学院)中世文学研究、中世文学演習2
研究課題 中世の和歌史・歌壇史・歌人の研究、和歌表現の研究
所属学会 和歌文学会、中世文学会
主要研究実績
著書 共著 『新古今集古注集成 近世新注編1』 笠間書院 2003年6月
共著 和歌文学大系23『式子内親王集・俊成卿女集・建礼門院右京大夫集・艶詞』 明治書院 2001年6月
論文 単著 土屋文明記念文学館蔵「新古今和歌集」に関連して―その下巻断簡 群馬県立女子大学『国文学研究』 2014年3月
単著 荻と薄−為兼作と伝えられる一首をめぐって 群馬県立女子大学『国文学研究』 2013年3月
単著 歌人足利尊氏粗描 群馬県立女子大学紀要 2011年3月
単著 交通事情と歌枕 群馬県立女子大学『国文学研究』 2010年3月
単著 土屋文明記念文学館蔵「新古今和歌集」について−翻刻と解説(3) 群馬県立女子大学『国文学研究』 2002年3月
単著 土屋文明記念文学館蔵「新古今和歌集」について−翻刻と解説(2) 群馬県立女子大学紀要 2002年2月
単著 土屋文明記念文学館蔵「新古今和歌集」について−翻刻と解説(1) 群馬県立女子大学『国文学研究』 2001年3月
単著 式子内親王への視点 『国文学』(学燈社) 1997年11月
単著 七条院大納言に関わる若干の考証−高松院典侍説をめぐって 群馬県立女子大学『国文学研究』 1995年3月
単著 実朝詠「たまくしげ箱根のみうみ」の検討−「けけれ」「たゆたふ」から 『論集中世の文学 韻文篇』(明治書院) 1994年7月
単著 新古今集の修辞−「横雲」と「身にしむ色」 和歌文学論集8『新古今集とその時代』(風間書院) 1991年5月
単著 通う調べ、通う心−定家と同時代歌人 『国文学』(学燈社) 1989年11月
単著 「青柳の葛城山」をめぐって――『新古今集』74番歌とその周辺 群馬県立女子大学『国文学研究』 1987年3月
単著 藤原実国の生涯と風雅 『国語と国文学』 1985年10月
単著 さりともと歎き歎きて過ぐしつる−藤原公光の生涯と和歌 『国語と国文学』 1982年2月