教員一覧

H29.4.1現在
氏名 権田和士 GONDA Kazuhito
所属 文学部国文学科
教授
文学部国文学科長
略歴等
主な学歴 1987年3月 金沢大学文学部文学科卒業
1990年3月 金沢大学大学院文学研究科(国語国文学専攻)修了
1993年3月 東京大学大学院人文科学研究科修士課程(国文学専攻)修了
1998年3月 東京大学大学院人文社会系研究科博士課程(日本文化専攻)単位取得満期退学
学位 1990年 文学修士(金沢大学)
1993年 文学修士(東京大学)
主な職歴 1987年4月 群馬県立太田東高等学校教諭
1995年4月 武蔵高等学校・中学校教諭
2000年4月 恵泉女学園大学人文学部専任講師
2004年4月 群馬県立女子大学文学部助教授
2011年4月 群馬県立女子大学文学部教授
専門等
専門分野 日本近現代文学
担当科目 日本語文章表現、現代文学講義講読T・U、現代文学史、現代文学演習1・2、卒業論文指導1f・2f、日本語日本文学基礎演習2、日本文学基礎演習3
研究課題 小林秀雄についての研究、近代文学における宗教的表現の諸相についての研究
所属学会 日本近代文学会、昭和文学会、日本文学協会、金沢大学国語国文学会、東京大学国語国文学会、群馬県立女子大学国語国文学会
                     
主要研究実績
著書 単著 『言葉と他者 小林秀雄試論』 - 2013年   
共著 「小林秀雄をめぐる人々」 『別冊太陽 小林秀雄』 2009年11月
共著 「太宰治の方法と文体」 『展望太宰治』 2009年6月
共著 「小林秀雄と詩歌―『歴史』と『文学』の発生する場所―」を担当(330頁中11頁) 野山嘉正編『詩う作家たち』至文堂 1997年4月刊
論文 単著 「小林秀雄の本棚から」―太田善麿『古代日本文学思潮論』について― 『群馬県立女子大学国文学研究』 2017年3月
単著 「良寛における『係り結び』の問題」 『群馬県立女子大学国文学研究』 2012年3月
単著 白洲正子「私の自然観」を原稿で読む 『群馬県立女子大学紀要』 2011年2月
単著 佐藤春夫の方法−「旅びと」の女性造形を中心に 『群馬県立女子大学国文学研究』 2010年3月
単著 超越と言葉 『金沢大学国語国文』 2009年3月
単著 小林秀雄『本居宣長』における徂徠理解の背景 『群馬県立女子大学国文学研究』 2009年3月
単著 小林秀雄『本居宣長』の材源と論理 『群馬県立女子大学国文学研究』 2007年3月
単著 小林秀雄『本居宣長』の神話理解と言語観 『国語と国文学』 2006年11月
単著「『聖なるもの』の表象をめぐって―夏目漱石『琴のそら音』私解」 『日本文学』 2005年6月
単著「『戦艦大和ノ最期』をめぐる縁―白洲次郎、小林秀雄、吉田満の『戦後』―」 『別冊文芸 白洲次郎』 2002年4月
単著「『哀蚊』とその自作引用をめぐって」 『太宰治研究』 2002年6月
単著「小林秀雄『Xへの手紙』試論」 『恵泉女学園大学人文学部紀要』 2002年1月
単著「昭和初期批評の場所―小林秀雄の出発期をめぐって」 『恵泉女学園大学人文学部紀要』 2001年1月
単著「太宰治 作品別同時代評の問題点(「新郎」、「一二月八日」) 『国文学』 1999年6月
単著「太宰治 作品別同時代評の問題点(「冬の花火」)」 『国文学』 1999年6月
単著「トルストイ家出論争とドストエーフスキイ論から見る昭和十年前後の小林秀雄について」 『金沢大学国語国文』 1999年2月
単著「小林秀雄の再検討―『無常といふ事』と『本居宣長』をめぐって―」 『昭和文学研究』 1998年2月
単著「小林秀雄におけるドストエーフスキイ研究の意味―「『罪と罰』についてU」を中心に―」 『国語と国文学』 1994年7月
単著「小林秀雄『おふえりや遺文』―自意識追放の試み―」 『金沢大学国語国文』 1990年2月
共著 「本居宣長研究(戦後における本居宣長評価の二典型・小林秀雄と子安宣邦の宣長論をめぐって)」 『平成10年度東京都私立学校研究助成事業研究報告書』 1999年
共著 「森敦研究(森敦『吹きの夜への想い』をめぐって)」 『平成8年度東京都私立学校研究助成事業研究報告書』 1997年
共著 「中原中也の詩と風土(中原中也の詩法について)」 『平成7年度東京都私立学校研究助成事業研究報告書』 1996年
辞書・辞典 項目執筆 小学館辞典編集部『日本秀歌秀句の辞典』 小学館 1995年3月
書評 単著 「野村幸一郎『白洲正子―日本文化と身体』」 『日本文学』 2014年10月
単著 「坪内稔典『子規とその時代』」 『國學院雑誌』 2011年7月
単著 「樫原修著『小林秀雄 批評という方法』 『国語と国文学』 2003年10月
単著 「関谷一郎著『小林秀雄への試み』」 『国語と国文学』 1995年9月
その他 単著 研究成果を共有するために 昭和文学研究 2006年9月
項目執筆 「小林秀雄『無常という事』の項担当 筑摩書房『精選現代文』指導書 2004年3月
項目執筆 「川上弘美『境目』」の項担当 筑摩書房『総合国語』指導書 2003年3月