教員一覧

H29.4.1現在
氏名 安保博史 ABO Hiroshi
所属 文学部国文学科
教授
文学研究科日本文学専攻主任
略歴等
主な学歴 1980年3月 中央大学文学部文学科国文学専攻卒業
1982年3月 中央大学大学院文学研究科国文学専攻博士課程前期修了
1986年3月 中央大学大学院文学研究科国文学専攻博士課程後期単位取得退学
学位 1982年 文学修士(中央大学)
主な職歴 1988年4月 九州大谷短期大学国文学科専任講師
1991年4月 九州大谷短期大学国文学科助教授
2000年4月 九州大谷短期大学生涯学習センター長
2001年3月 九州大谷短期大学退職
2001年4月 群馬県立女子大学文学部助教授
2004年4月 群馬県立女子大学文学部教授
社会活動   和漢比較文学会常任理事
  俳文学会委員
  全国大学国語国文学会常任理事
  群馬県まちづくりマネージメントチーム
  前橋市社会教育委員
専門等
専門分野 近世文学(俳諧史)、和漢比較文学
担当科目 近世文学史、近世文学講義講読、近世文学演習、日本文学概論、日本語文章表現、卒業論文ゼミ、大学院近世文学研究法等
研究課題 近世俳諧、特に蕉風成立の俳壇史的研究。和漢比較文学、特に龍草廬を軸とした京都文壇研究等
所属学会 俳文学会、和漢比較文学会、日本比較文学会、全国大学国語国文学会、俳文学会東京例会、大阪俳文学会、東海近世の会、西日本国語国文学会
主要研究実績
著書 共著 『おくのほそ道大全』 笠間書院 2009年7月
共著 『音声言語とコミュニケーション』 双文社 2001年5月
共著 『古典文学概論』 新典社 1997年5月
共著 『松宇文庫俳書目録』 (日本書誌学大系69)青裳堂 1994年3月
共著 『松尾芭蕉』 ぺりかん社 1990年6月
研究論文 単著 「龍草廬―擬することの意味―」 『国文学研究』第25号 2005年3月
単著 「『冬の日』という標題について」 『標題文芸』第3号 2005年3月
単著 「古典籍謙辞型標題の位相」 『国文学研究』第24号 2004年3月
単著 「『秋かぜの記』という標題について」 『標題文芸』第2号 2004年3月
単著 「文化資源としての句碑について」 『国文学研究』第24号 2004年3月
単著 「平成14年度学会動向『近世俳諧』」 全国大学国語国文学会『文学・語学』第178号 2004年3月
単著 「文化資源としての句碑・漢文碑について」、「桐生のまちづくり」 群馬県立女子大学特定研究報告書『文化のまちづくりの基礎的研究』 2004年3月
単著 「蕪村と朔太郎」 『国文学研究』第23号 2003年3月
単著 「俳書標題の意匠について」 『標題文芸』第1号 2003年3月
単著 「蠧集の俳風」 『国文学研究』第22号 2002年3月
単著 「秋成と蕪村―「范蠡」の文学的形象をめぐって―」 解釈学会『解釈』558・559集 2001年10月
単著 「『秋風の記』の文学的独自性(中)」 九州大谷短期大学『九州大谷研究紀要』第22号 1999年3月
単著 「『秋風の記』の文学的独自性(上)」 九州大谷短期大学『九州大谷国文』第27号 1998年7月
単著 「諸九尼―『秋風の記』の世界―」、「長崎蕉門の成立」 『筑紫古典文学の世界〈中世・近世〉』(おうふう) 1997年10月
単著 「龍草廬グループの展開とその様相―幽蘭社時代を中心として―」 和漢比較文学会『和漢比較文学』第18号 1997年1月
単著 「龍草廬研究ノート(3)」 『九州大谷国文』第25号 1996年7月
単著 「龍草廬研究ノート(2)」 『九州大谷研究紀要』第22号 1995年10月
単著 「龍草廬と陶淵明」 和漢比較文学会『和漢比較文学』第14号 1995年1月
単著 「蕪村と漢文学―『かなしさや釣の糸ふく秋の風』考―」 和漢比較文学叢書第16巻『俳諧と漢文学』(汲古書院) 1994年6月 
単著 「龍草廬研究ノート(1)」 『九州大谷研究紀要』第20号 1993年12月
単著 「蕪村『秋風や酒肆に詩うたふ漁者樵者』考」 『九州大谷国文』第22号 1993年7月 
単著 「『冬の日』の成立」 『元禄文学の開花U―芭蕉と元禄の俳諧―』(勉誠社) 1992年10月
単著 「貞享初年の新風―『冬の日』成立の背景をめぐって―」 森川昭編・論集近世文学『俳諧史の新しき地平』(勉誠社) 1992年9月
単著 「『貝おほひ』入集者考」 『九州大谷研究紀要』第16号 1990年3月
単著 「近世文学と漢文学―蕪村『宇治行』の白詩受容をめぐって―」 和漢比較文学文学叢書第7巻『近世文学と漢文学』(汲古書院) 1988年6月
単著 「近世俳諧と漢文学―研究文献目録近世編」 和漢比較文学叢書第7巻『近世文学と漢文学』(汲古書院) 1988年6月
単著 「昭和61年国語国文学会(T)―近世(韻文)」 全国大学国語国文学会『文学・語学』第114号 1987年9月