公開シンポジウムのお知らせ
「新しい日本のリーダーシップを探る 職場のダイバーシティと女性の可能性」

国際コミュニケーション学部では、来る11月16日(土)に、一般公開シンポジウム「新しい日本のリーダーシップを探る ― 職場のダイバーシティと女性の可能性 ― 」を開催いたします。

職場におけるキャリアパス、ロールモデル、価値観がますます多様化するこの激動の時代に、男性も女性もどのようなリーダーシップを発揮し、組織やチームの、そして自らの人生のリーダーとなっていくべきでしょうか。管理職・若手・男性・女性、さまざまな立場から、新しい社会におけるリーダーの資質を考えます。企業のユニークな事例も紹介しつつ、挑戦的でしなやかな新しいリーダーシップ、働き方を、ともに探ります。

無料、事前申し込み不要。どなたでもご参加いただけます。会場からの質問も受け付けます。ぜひご来場ください。

シンポジウムポスター
クリックすると大きな画像(229KB)が開きます

ポスター(PDF)(12.3MB)  チラシ(裏)(PDF)(8.8MB)

日時・場所

2013年11月16日(土) 13:00 〜 16:10(12:30開場)
群馬県立女子大学 講堂
交通アクセス

プログラム

12:30開場
13:00開会あいさつ
13:05第1部:基調講演 植田 寿乃 氏
「活き活きリーダーたちが拓く会社の未来、日本の未来」
14:35休憩/質問受付
14:50第2部:パネルディスカッション
「職場の、社会の、人生のリーダーになるために ―社内多様性の事例と検証―」
16:10閉会

第1部:基調講演

活き活きリーダーたちが拓く会社の未来、日本の未来

講師:植田 寿乃 氏
(有限会社キュー 代表取締役、キャリアコンサルタント
ダイバシティコンサルタント、EQ検査公認インストラクター)

講師プロフィール(外部リンク)

アベノミクスの経済成長の柱に「女性活躍推進」が位置付けられ、女性管理職増加が企業に要求されています。一人ひとりの人生が変わり、組織や社会が変わってきています。一体なぜでしょうか? 活き活きと働き生きる人生を送りたい方、活き活きとした職場を望む方、全員集合です。

第2部:パネルディスカッション

職場の、社会の、人生のリーダーになるために ―社内多様性の事例と検証―
パネリスト:植田寿乃 氏
山本和則 氏(日本航空株式会社 人事部 採用・育成計画グループ長)
常木美幸 氏(サンデン株式会社 人事本部人事サポート部長)
安斎徹(国際コミュニケーション学部 准教授)
コーディネータ:小林良江(国際コミュニケーション学部 教授)



主催 群馬県立女子大学 国際コミュニケーション学部 シンポジウム実行委員会
後援 群馬労働局・玉村町・NHK前橋放送局・群馬テレビ・エフエム群馬
日経ウーマノミクス・プロジェクト・上毛新聞社・群馬経済新聞社
朝日新聞前橋総局・毎日新聞前橋支局・読売新聞前橋支局・産経新聞前橋支局


国際コミュニケーション学部公式Facebookページにて学部からのお知らせ、イベント情報、ゼミナールや授業の様子などを発信しています。ぜひご覧ください。


更新日:2013年10月11日

ニュースルームへ戻る