群馬県立女子大学
群馬学の確立にむけて

群馬学連続シンポジウム記録集 7

「群馬学連続シンポジウム 群馬学の確立にむけて 7 」 好評発売中!!

群馬学の確立に向けて7 表紙

『群馬学の確立にむけて 7』

 第26回から第30回までの群馬学連続シンポジウムの内容を分かりやすくまとめた「群馬学連続シンポジウム 群馬学の確立にむけて7」が上毛新聞社から発売されています。

は、いずれも群馬に関心を持つ幅広い方々の関心を呼び、好評を博しました。

 これに引き続き、平成26年から平成27年にかけて開催された第26回「日本のシルクロード・高崎線開業130年」、第27回「温泉県ぐんまの文化・文学Part1−文人たちに愛された日本の名湯伊香保−」、第28回「例幣使道と両毛線−家康400回遠忌にあたり、来し方行く末を考える−」、第29回「群馬県民の日記念 関越自動車道全線開通30周年高速道路がひらく社会参加と新しい暮らし」、第30回「大手拓次と磯部温泉−温泉県ぐんまの文化・文学Part2−」の各シンポジウムの内容を一冊の本にまとめました。

 懐かしい過去のシンポジウムを振り返えることができるとともに、群馬県の文学や歴史に興味がある方、群馬県のことをもっと知りたいという方にもぴったりの1冊になっています。ぜひ、一度お読みになり、群馬県の魅力を再発見してみてはいかが?  

編集群馬県立女子大学
発行上毛新聞社出版事業局出版部
発行日平成28年3月18日
サイズ21cm × 15cm
総頁数289頁
ISBN978-4-86352-150-6
定価本体1,850円+税

目次より

第26回群馬学連続シンポジウム「日本のシルクロード・高崎線開業130年」

第27回群馬学連続シンポジウム「温泉県ぐんまの文化・文学Part1−文人たちに愛された日本の名湯 伊香保−」

第28回群馬学連続シンポジウム「例幣使道と両毛線−家康400回遠忌にあたり、来し方行く末を考える−」

第29回群馬学連続シンポジウム「高速道路が開く社会参加と新しい暮らし」

第30回群馬学連続シンポジウム「大手拓次と磯部温泉 −温泉県ぐんまの文化・文学Part2−」


 お近くの書店にない場合は、書店を通じてご注文いただくか、発行元の上毛新聞社出版事業局出版部(TEL:027-254-9966)までお問い合わせください。