国文学科

日本のことばと文学。この森に、改めて我が身を置き、その息づかいを感じながら、年輪を刻んだ樹木の肌に触れ、若葉が萌える音に耳傾け、木漏れ日が奏でる光りと影を見つめる。
この時間が私の大きな力となり、論理的な思考、豊かな感性、それを言葉で表現する力を育んでくれるでしょう。