国文学科  −教育課程の特色−

国文学科は、古代から現代にいたる日本語と日本文学、およびその近接分野である中国文学(漢文学)、さらには外国人に日本語を教える日本語教育を研究し、それらの学びを通して、幅広い知性とみずみずしい感性を身につけ、豊かな人間性を培うことを目的としています。

急速に国際化が進む今日、世界の中で生き、世界に向けて発信してゆくためには、まずは自己の拠って立つところをしっかりと見つめることが不可欠です。
他者の理解と自己の理解は表裏の関係にあります。
日本のことばや文学を通して、日本に生きてきた人びと、あるいは日本に生きている人びとの精神文化について深く理解することの重要性は、ますます増大しています。
国文学科ではこの時代の要請に力強く応えるべく、それぞれの専門科目のほかに、日本の文化や地域の文化についての科目群をも設置し、ことばや文学を中心としながら、多角的かつ総合的に日本の人びとの精神文化をとらえることができる科目編成にしています。

国文学科はこれらの学びを通して、あらゆる事象に自分自身で対峙することができる力の獲得をめざします。研究対象と自ら向き合って問題を発見し、さまざまな資料を調査・検討し、材料を集めて検討し、論理的に考察し、他者に誤解なく伝わるように表現できる力――。
即ち、自ら「読み」「調べ」「考え」「表現する」力は、多様な価値観が交錯する現代社会を生きる上で欠くことのできないものです。
少人数制によるきめ細かな指導によって、この力の獲得をめざします。

研究対象の豊穣な世界を味わい、日本文化の特質を感知し、私たちにとっての意味を問う。
それは、<私>が「今、ここにいる」ことを見つめ直すことであり、<新たな私>を「創造する」ことであり、<私>を「世界へ、未来へひらく」ことです。

 

履修の
ポイント
1年次 2年次 3年次 4年次
日本語学、日本文学、中国文学という3分野すべてにわたって、それぞれの概要を学ぶ。 様々な科目を履修して視野を広げる。また、演習を通して、研究の実際を体験する。 卒業論文を視野に入れ、専攻したい分野をより深く学ぶとともに研究方法を習得する。 大学生活4年間の集大成として、卒業論文の完成をめざす。
ことばを知る 日本語学概論 日本語現代・古典文法講義/日本語音声学講義/方言地理学講義/記述方言学講義/日本語語彙論講義/日本語史講義
  日本語学特講
ことばを読む 日本文学概論
日本文学基礎講読
中国文学概論
上代・中古・中世・近世・近代・現代文学史
上代・中古・中世・近世・近代・現代文学講義講読
中国文学講義講読 / 伝承文学研究 / 比較文学研究
児童文学研究
  日本文学特講 / 中国文学特講
ことばを教える 日本語教育学概論 日本語教育学講義  
  日本語教育学特講
ことばの基礎と周辺を学ぶ   日本語学・日本文学・日本文化フィールドリサーチ/群馬のことば / 群馬の文学 / 日本の言語文化 / 日本の芸能
自分の言葉で表現する。 日本語日本文学基礎演習/日本語表現プログラム(教養教育科目) 日本語学演習 / 中国文学演習
日本語教育学演習
上代・中古・中世・近世・近代・現代文学演習
卒業論文指導
卒業論文
資格をとる 教職課程関係諸科目 / 学芸員関係諸科目/社会調査士関係諸科目